雨のシーズンが狙い?

雨の日なんて、やっぱり多くの人たちがバイクを売りたいモチベーションはかなり鈍るはずです。雨の日に濡れてまで、バイク買い取りしてもらおうと思っている人たちなんて、よっぽど焦っている人たちかもしれません。

買い取り業者は、そのような時でもしっかり営業をしている訳ですし、買い取り件数が雨だから一件だったということがあって、平然と許すことが出来るでしょうか。

そのような時、多少利益を生むことが出来ないとしても、バイク買い取り依頼があれば、そのバイクを高い価格で買い取りしようというモチベーションは生まれるものです。

そのようなときバイク買取をしてもらう人たちは、業者の人たちを焦らすような感じで、業者が提示した買い取り価格に満足せず、「その価格なら売るのよそうかな……」などと言えば、あなたが渋れば渋る程、査定価格がアップすることも想像することが出来ます。

査定価格とは、結論を言えば、所詮はお店の人たちが決定している価格に過ぎないので、大いに変動するものと考えていいです。

ただ雨の日というだけでなく、梅雨の長続きの雨や、台風のシーズンなど大いにチャンスと考えるべきではないでしょうか。

バイク買い取りのコツとは、ズバリライバルがあまり存在しない時を狙うことです。

バイク買い取りのコツ